前へ
次へ

教育問題として学校における部活動の役割

学校では担任の先生などから教科における授業を受けることができます。
放課後は自由時間なので帰宅して勉強したり自分なりの活動をすることもできますが、中学や高校においては放課後に部活動を実施しているところが多くあります。
部活動においては必ず顧問となる先生がいて生徒の管理をすることになっていますが、それぞれの部活によって運営方法は異なります。
先生が監督やコーチとして厳しく管理することもあれば、ほとんど顔を出さない先生もいるようです。
教育問題として学校における部活動の役割があります。
小学校においては部活動があってもそれほど厳しい物ではなく、和気あいあいと楽しく行うケースが多いようです。
しかし中高の部活動、特に運動部などは厳しい活動をすると頃も多く、教育問題としては先生からの厳しい指導だけでなく先輩からの厳しいしごきなどもあるようです。
一方で先輩や後輩などとのコミュニケーションが将来の社会生活においていい経験になるとの考えもあります。

Page Top