前へ
次へ

教育問題として中高一貫校の特徴

小学校から中学校に進学するときは通常は入試は不要でそのまま地域の中学校への進学ができます。
しかし私立中学に入学させたいときは入試を受ける必要があり、そのための準備も必要になります。
最近の私立中学校は系列の私立高校と連携させて中高一貫校として運営されるケースが多く、中学と高校というより中高の課程を6年間で修了しようとするところが多いようです。
教育問題として中高一貫校の特徴を確認する必要がありそうです。
中高一貫校のメリットとして、間に高校受験を無くして生徒に余裕を持った教育を受けさせることができます。
通常の中高生は中学時代に高校受験対策が必要ですがそれを無くすことができます。
一方教育問題として中高一貫校のデメリットとして生徒の学力による選択がしにくいところがあります。
入学して合わないと感じてもそのまま高校まで進学する必要があり、よりレベルの高い高校への進学などが難しくなります。
メリットとデメリットを理解した受験が必要になるでしょう。

Page Top